Drone dispatch of professional pilot

ドローン飛行の必須アプリ!『ドローンフライトナビ』

ドローンフライトナビ

いざ、ドローンを飛ばそうと思っても「ここって飛ばしていい場所なの?」「今の時間は夜間?」などわからないことが多いものです( 一一)。

実はドローンを運用する際は下記のような飛行の方法や飛行不可な場所が多々あります。

ドローン飛行、空撮、産業用に必須地図アプリ!

ドローン飛行には法規制は厳守!

200g以上(本体+バッテリー)の機体は、航空法による飛行規制が適用されます。

  • 人口集中地区(2017/6/24からの新基準に対応済)
  • 空港、ヘリポート、自衛隊基地(進入表面等制限領域)
  • 日の出、日没時刻
  • 場所、住所検索

ドローンに係わる多くの人は当たり前に知ってることですが、人口集中地区での飛行は許可が必要です。ましてや空港周辺でドローンを飛行させると、ニュースとなって大迷惑をかけることでしょう。

認可が必要な飛行

  • 人口集中地区の上空
  • 空港周辺等の上空
  • 地表より150m以上の上空
  • 夜間飛行(日没〜日の出まで)
  • 目視外飛行
  • 人や物件から30m以内の飛行
  • 大勢が集まる催しの上空危険物輸送飛行
  • 物の投下

ですが、「周囲に民家などないちょっとした場所がある、ここならいいだろう。」なんて思ったことがありませんか?

しかし周囲に何もないとは言っても、決してドローンを飛行させていいという訳にはいきませんのでご注意を。

そういった時に役に立つアプリが『ドローンフライトナビ』!!

アプリ名ドローンフライトナビ(※ドローンマップから変更)
サイズ42.7KB
互換性iOS11.4移行、iPhone、iPad、iPods touth
バージョン1.21 ※1
ダウンロードアップルからのダウンロード
価格無料

※1 2020年8月21日現在

禁止区域が一目で分かる!

このアプリは携帯のGPSを使ってDIDなど飛行制限区域も表示可能です。

勝手に飛行させてはいけない場所を色で表示してくれるから一目瞭然です。

ドローンフライトナビ

もちろん日本地図の広範囲から現在位置の詳細な場所も自由に設定できます。

現在位置での日の入りと日の出時間をリアルタイムで表示

詳細な位置情報では、日の出および日の入の時刻まで表示してくれる優れものです。

ドローンフライトナビ

上記画像をご覧になって分かるように、例えば山形県天童市では、日の出が4:58、そして日の入が18:24です。このように数値化してくれるので、仕事でも十分活用アプリとなるでしょう。

空港周辺の飛行禁止区域も正確に

ドローンフライトナビ

例えば、山形空港を表示してみました。すると緑色で円を描くように禁止区域が表示されました。空港の他にも、ヘリポートや自衛隊基地(進入表面等制限領域)等にも対応しています。

表示方法は3つあり

ドローンフライトナビ

表示方法は《標準》《標準+航空》《航空》の3種類。山岳や森林地帯など、状況を把握するにも最適です。

この他にも、検索機能もあるので、飛行させたい場所の情報が瞬時に分かりますよ。

ぜひ便利なアプリを活用して、安全なドローン飛行につなげてください。

※上記規制外でも、土地の所有者・管理者により飛行が禁止されている場合があります。

東北でのドローン運用の際はお気軽にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。メールはdroneplus@ichijuro.co.jpからどうぞ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP